「キャピタル」(経営資源)の有効活用と
戦略的トランザクションの実現
     

キャピタルの維持


optimizing raizing investing

企業は、日々変化する市場環境が事業及び資本基盤に与え得る影響を常に判断し続けることを求められます。業績が好調な時でさえ、その安定的な状況がいつ変化するか分からないという現実に直面しています。

最適な経営資源を維持するためには、常に戦略、市場、バランスシートの状態を見直し、自社の強みと弱みを把握しておくことが求められます。

ここで重視されるのは:

  • 稼働資産と不稼働資産
  • 事業の採算性の見極め
  • 事業計画の策定
  • 負債再構築
  • 利害関係者の調整