Learning & Development

Career Development Opportunities

EY TASでは、積極的に自身のキャリアをドライブすることが求められます。そのようなプロアクティブな社員には、多くの学びの機会が用意されています。またEYでは、キャリアディベロップメントには、頻繁なフィードバックやコーチングが有効であると考えており、EY全世界で共通のLEADというパフォーマンスマネジメントシステムを導入しています。このパフォーマンスマネジメントの枠組みを通して、上司と部下の間で、より良い対話<Better Conversations>を行い、キャリアや成長速度、パフォーマンスをさらに高めることを目指しています。

パフォーマンスマネジメントシステム

Training Opportunities

ET TASでは、専門分野やそれぞれの職階、ニーズに合わせた研修プログラムを幅広く用意しています。研修は日本のみならず、海外のEYオフィスとも協働で提供され、世界の同僚から多くの刺激とインスピレーションを得る機会にもなります。EYTASでは現在、主に以下の4つのエリアに注力して研修プログラムを構成しています。

グローバル/リージョナル研修※過去の研修プログラム例

  • TAS Manager Excellence
  • TAS Fundamentals Training
  • OTS Foundations
  • Advanced Financial Restructuring
  • EY-Parthenon Training など

一般研修

  • コーチングスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • ロジカルシンキング
  • エクセルスキル
  • 語学研修
  • グローバルクロスボーダープログラム(海外オフィスで英語を勉強しながらプロジェクトに関わる)など

新卒新入社員研修

ビジネススキル研修

  • オーストラリアでのGrads 2 Great Program に参加(TASのビジネスについて、メンタルヘルスについて、会計、ファイナンス、プレゼンテーション、エクセルなどツールに関わる研修を含む)

テクニカル研修

TASの各ビジネス領域に特化した研修。社員が社内講師を務め最新のプロジェクト事例について解説。

  • 財務デューディリジェンス
  • 財務モデリング実務
  • プロジェクトマネジメント
  • 事業会社におけるM&A実務
  • 不動産評価 など

また昨今のデジタルやテクノロジー系の進化は、目をみはるものがありますが、EY TASでもそれは例外ではありません。社員が最新のデジタルについて自己啓発ができるように、EY全世界で共通に内容を学ぶことのできるEY Badgesという自己学習ができるツールがあります。
EY Badgesでは、Learning(学習)、Experience (経験)、Contribution(貢献)の3分野において要件を満たせば、各レベルのバッジ(Bronze(銅), Silver(銀), Gold(金), Platinum(プラチナ))を取得することができ、それを全世界へ発信することができます。それをもとにCross-Borderの案件への関与に結び付けるチャンスも増えてきます。

EY Badges

  • Data Analytics
  • Data Visualization
  • Data Science
  • Robotics Process Automation
  • AI
  • Blockchain
  • Transformational Leadership
  • Design Thinking
  • など他多数
EY Badges