M. Noyama Transaction Diligence (TD) Senior Consultant

入社の動機

大学卒業後、EY新日本に会計士として入所し、主に自動車メーカーを中心にグローバル企業の監査に従事していましたが、会計士を志した時からM&Aの業務に携わりたいと思っていたことから、数年の監査経験の後、メンバーファームのEYTASに転籍しました。他のBig4ファームへの転職も考えましたが、EYの文化や雰囲気が自分に合っていると思ったため、EYでのキャリアを邁進する決断をしました。

仕事内容

EYTASはM&Aに係るアドバイザリー業務について、戦略立案から案件の完了まで一貫してサービス提供ができる組織となっています。その中で私が所属するトランザクション ディリジェンスでは、主に対象企業の財務デューディリジェンス業務を担っています。企業の過去の財務情報やマネジメントへのインタビュー等をもとに調査・分析を行い、財務的な観点から対象企業の実態の理解を深め、M&Aにおけるリスクや買収価格の検討に資する情報をレポートの形式で提供しています。具体的な案件の内容や期間は毎回異なりますが、キックオフから最終報告まで4~6週間程度で完成させるのが標準的です。また、コンサルタント、シニアコンサルタントといった若手のうちは広く様々なセクターや業界を経験でき、企業規模もオーナー系の小規模な会社から売上高が1兆円を超えるような大企業を相手にすることもあり、幅広い経験を積むことができます。

入社後の印象・雰囲気

監査からのキャリアチェンジを考えた当時、まだ会計士としての経験が浅かったため入社後に上手く仕事ができるか不安はありましたし、アドバイザリー業務は監査業務と比べて競争が熾烈で人間関係もドライなイメージを持ってました。しかし、いざ入社してみると、多くの上司・先輩・同僚に支えられて1つずつステップアップしながら、時には難しい挑戦もさせてもらい、成長を感じる機会が多くありました。そのため、入社当初に感じていた不安もすぐに解消しましたし、イメージは良い意味で裏切られたと思っています。また、監査チームにいた当時、大きなチームでは特にパートナーレベルの上司と話をする機会は多くなかったのですが、今の職場ではパートナーともフラットに案件の議論ができ、意見を求められるところが自分にとっての成長機会にもなっています。

仕事の魅力・やりがいを感じる瞬間

M&Aは案件毎に内容が異なり、クライアントからの期待も様々です。担当案件を通してクライアントの期待に応える方法は一つではなく、非定型的な業務であることから全てに当てはまるマニュアルは存在しません。よって、クライアントの期待に応えるためには何がベストかを考えてチームで議論します。それが難しくもあり、この仕事の魅力でもあります。また、自社内のチームだけでなくクライアントやEY内の他のアドバイザリーチームとも一体となって取り組むことからも多くの刺激を得られますし、やりがいを感じます。先日、長期に亘って関与した案件が無事完了し、クライアントとアドバイザーが共に成功を祝う祝賀会が開催されました。数々の困難を乗り越えながら得たものは大きく、今までにない達成感がありました。

今後の目標・キャリアの展望

EYATSに入社して業務を数年経験し、徐々に後輩に指導や指示をする立場にあると感じています。今まで教わったことや経験したことを踏まえて、後輩の不安の解消や成長に役立てるようになりたいと思っています。また、EYは既存のサービスだけでなく、新しいテクノロジーを使ったサービスの開発をグローバルが一体となって推し進めています。今後はそれらサービスの普及に貢献していきたいと考えていますとともに、先端技術の専門家の一人として市場に働きかけられるようになりたいと思っています。

当社に関心をお持ちの方に向けたメッセージ

M&Aに興味があり、EYTASに関心を抱いてくださっている方の中には、過去の経験を活かして新しい業務に馴染めるか不安な方もいらっしゃると思います。私も当初は同じ不安を感じていましたが、EYTASでは様々なバックグラウンドを持った人がそれぞれの専門分野で働いています。私が所属するトランザクション ディリジェンスでは、多くの会計士がそれぞれの監査経験や経理業務経験等を活かして財務デュ―ディリジェンスという分野で活躍しています。同じ会計士であっても経験してきた内容が異なるからこそ、新しいアイディアが出たり互いに刺激し合うことで成長に繋がります。意欲の高い、チームの成長を加速させるような方に、新たな仲間としてEYTASで活躍していただきたいと思っています。

Prev Back to Professionals Next