ライブラリー
     

レポート・報告書

冊子のご希望・お問合わせに関しまして、「個人情報取り扱い」 にご同意いただけるお客様は、氏名、会社名、所属部署、会社住所(送付先)、希望冊数をご記入の上、各担当部門にご連絡ください。

お送りいただいたメールアドレスに、弊社より各種ご案内(セミナー等)を送付させていただく場合がございます。案内を希望されない場合は、その旨、ご記入ください。

2019年

第20回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査 第20回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査
47カ国2,900名以上の経営層に対して実施したアンケート調査に基づく、今後のM&A環境に対する見通しです。地政学上の懸念が増大しているにもかかわらず、グローバル企業のM&Aの取引意欲は過去10年で最高のレベルとなっています。
(2019年4月 Global TAS発行)

2018年

第19回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査 第19回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査
45カ国2,600名以上の経営層に対して実施したアンケート調査に基づく、今後のM&A環境に対する見通しです。M&Aの計画は、地政学上の不確実性の増加等を背景に、抑制気味となっていることが明らかになりました。
(2018年10月 Global TAS発行)
第18回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査 第18回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査
43カ国2,500名以上の経営層に対して実施したアンケート調査に基づく、今後のM&A環境に対する見通しです。景況感や企業の業績見通しの改善、さらにはイノベーションや成長の追求といった要因が、地政学的な不確実性や規制環境の変化といった懸念を払拭していることが明らかになりました。
(2018年4月 Global TAS発行)

2017年

第17回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査 第17回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査
43カ国3,000名以上の経営層に対して実施したアンケート調査に基づく、今後のM&A環境に対する見通しです。欧州の堅調な経済活動および中国やアメリカの経済成長を背景に日本企業は強気の見通しを持っており、グローバルベースでも2017年後半向けM&A取引への意欲が高まっています。
(2017年10月 Global TAS発行)
第16回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査 第16回 EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査
42カ国2,300名以上の経営層に対して実施したアンケート調査に基づく、今後のM&A環境に対する見通しです。2017年第1四半期(2017年1月~3月)におけるグローバルベースでのM&A活動は、堅調に増加し、近年の様々な地政学上の懸念は、経営層の取引への意欲にマイナスの影響を殆ど及ぼしていないと考えられます。
(2017年4月 Global TAS発行)